JP / ENG
about
artists
shop

吉田博 個展 Hiroshi Yoshida Solo Exhibition

雪原、2009年, MDFボードにアクリル, 56 x 40 cm

2009年4月18日(土)〜 5月30日(土)
オープニングサロン:4月18日(土)18:00-21:00

※通常、金&土の13:00〜19:00のみのオープンとなります。
(その他の曜日、時間はアポイントメント制)

※4月18日(土)18時〜21時にオープニングサロンを行います。ぜひお立ち寄りください。また、ささやかですが、waitingroomのコレクション展『WR collection Vol. 2 』も展示いたしますので、こちらも併せてご覧いただけますようお願い申し上げます。

プレスリリースをダウンロードする
オープニングサロンの様子はコチラへ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このたび、waitingroomの第2回目の展覧会として、2009年4月18日(土)から5月30日(土)まで、吉田 博の個展「WORLDS」を開催する運びとなりました。吉田にとって初個展となる本展では、新作のペインティングの数々を展示いたします。

吉田は1988年京都に生まれ、現在は金沢美術工芸大学油画科に所属し、金沢と東京を中心に活動しています。ペインティングが中心の吉田の作品は、抑えられた色彩で描かれる幻想的な情景、絶えず現実と非現実を行き来しているような浮遊感が特徴です。その印象的な作風は、昨年11月から今年3月までシンジュクアートインフィニティ(※)に出展され、旧マルイシティ新宿工事仮囲いの壁面に展示された「海辺」でも存分に発揮されていました。
(※新宿3丁目・旧マルイシティ新宿の建て替え工事にともなう仮囲い盤面を有効活用し、アート支援を目的として新宿区、トーキョーワンダーサイト、(株)丸井、戸田建設(株)のメンバーで構成する合同プロジェクト)

「想像とは自分の中にある材料、記憶を元に合成されるものだから、現実と想像の世界を行き来して交差させることは案外簡単なのではないだろうか。現実に合わせて記憶を作りかえることも記憶に合わせて現実を作りかえることも安易なように。人は想像力という主観によって現在という現実を解釈している。空想の世界ではなく現実の一つの可能性を描きたい。」吉田 博

新作「雪原」では、真っ青な画面にどことなく不自然な形の木々が立ち並び、中央部分には彷徨うように歩く人物が小さく描かれています。どこにでもありそうでない、地平線の向こう側に何かを予感させるがはっきりとは見えない、そんな空想と現実の狭間を描いたような景色は、吉田自身が語る記憶と想像という材料でもって描かれた「現実の一つの可能性」であると言えます。

若干20歳の新世代を生きる作家・吉田 博が構築する世界=「WORLDS」は、誰の中にも眠っている記憶の物語に語りかけてきます。それは、混沌とした現代社会の中で想像することを忘れがちな私たちにとって、想像の生む情感の豊かさを再認識するきっかけとなるでしょう。

■経歴
1988年京都府生まれ、石川県金沢市在住。金沢美術工芸大学油画科2年在学中。
2008年から展示活動をはじめ、GEISAI#11と#12、シンジュクアートインフィニティに参加、美大祭コンペでは美大賞を受賞するなど、学内外において精力的に活動。本展が初の個展となる。

■展覧会歴

2009年3月 GEISAI#12(東京ビッグサイト、東京都)
2008年11月 第4回シンジュクアートインフィニティ
(旧マルイシティ新宿工事仮囲い般面、東京都)
  Session project in 郡山(ギャラリーMILANO、福島県)
  美大祭コンペ 美大賞受賞(金沢美術工芸大学内、石川県)
2008年10月 Zアンデパンダン展
2008年 9月 グループ展"岐路の難点"(市民芸術村、石川県)
  GEISAI#11(東京ビッグサイト、東京都)
2008年 5月 グループ展"0階"(箔一ビル、石川県)

 

2009-2015 © waitingroom All rights reserved.