JP / ENG
artists
projects
shop

『まなざしのカタチ』

衣川明子
冨安由真
豊田涼華

会期:2020年2月15日(土)- 3月8日(日)
オープニングレセプション:2月15日(土)18:00-20:00

・会期中は、水・木・金・土 12-19時、日 12-17時のオープンとなります。(定休日:月火祝)
・本展のオープニングレセプションを、初日の2月15日(土)に開催します。 展示作家も全員在廊予定です。
なお、レセプション前の時間帯も、通常通り12時からギャラリーはオープンいたします。

協力:ANOMALY, ART FRONT GALLERY

プレスリリースをダウンロードする

展覧会風景 撮影:Shintaro Yamanaka (Qsyum!)

WAITINGROOM(東京)では、2020年2月15日(土)から3月8日(日)まで、衣川明子・冨安由真・豊田涼華によるグループ展、『まなざしのカタチ』を開催いたします。3名の女性ペインターが視ているそれぞれの「まなざし」が、一つのインスタレーションのようにギャラリー空間の中で展開されます。彼女たちが描く、普段とはちょっと違った形で画面上に現れてくるヒト・モノ・現象は、人間の営みや自然界の事象、人を取り巻くさまざまなカケラのイメージが点在しているような神秘さに満ちています。鑑賞者は、彼女たちの見ている世界に何かの存在の気配が浮遊し、同居していることを感じることができるでしょう。

衣川明子は、人・動物などの、相手と対峙して目が合った瞬間の、お互いの意識の存在を実感した一瞬を描き続けている作家です。絵の具はキャンバスや綿布などの支持体に薄くこすりつけられ、朦朧とした体を成しながらも、時に臓物のような生々しい姿を放ちます。2019年12月に国分寺のswitch pointで開催された個展では、それまでの印象を覆すような新シリーズを発表し、新鮮な驚きを与えました。「全ての物質も意識も、個々に別れてしっかり形や意味があるように見えるけど、実は概念によって分けられてるだけで、概念を取り去ると、粘菌みたいに勝手に混ざったり離れたりする流動体」ではないかと本人が言うように、「画面内で2つのものや部分同士を調和させることを目指し」制作された新シリーズを、今回も展示します。

冨安由真は、日々の生活における現実と虚構の境目を捉えることに関心を寄せて制作をおこなっています。科学によって必ずしも解明できないような人間の深層心理や心霊などといった不可視なものに対する知覚を手がかりに、心霊写真に登場するエクトプラズムやオーブ、夢遊病、顔の見えない肖像、異形の人などのイメージをモチーフに油彩の制作に取り組んでいます。制作の動機として、「現代社会に於いて見過ごされがちでもあるそのような『不確かなもの』を、私は作品の中で拾い上げたいと思っている。何故ならば、そのような不確かで曖昧なものに気付き目を向ける行為は、世界と自分を見つめ直す重要な契機となると信じているからだ。」と冨安は言います。

豊田涼華は、日常のふとした瞬間に目撃した人々や彼らを取り巻く状況を描いています。写真やインターネットで偶然見た画像などを基にして、自身の記憶をキャンバスに描き、彼女にしか見えない奇妙な何かを確実に捉えています。現在まだ東京藝術大学の大学院に在学中の超新星の、コマーシャルギャラリーでの初めての発表となります。

--------

展示作家

衣川 明子 / Akiko KINUGAWA

1986年 アメリカ・ニューヨーク生まれ
現在は東京都を拠点に活動中

学歴

2012 武蔵野美術大学大学院 造形研究科美術専攻油絵コース修了

主な個展

2019
キとミの代 - switch point(東京)

2018
人を描くこと-発話を聴く - Art Center Ongoing(東京)

2017
糞して寝ようか - URANO(東京)

2015
物、ナマ、共感 - ARATANIURANO(東京)

2014
in our skin - ARATANIURANO(東京)

2013
いるいない - Art Center Ongoing(東京)

2012
誰 - ARATANIURANO(東京)
αMプロジェクト2012 「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.6 衣川明子」 - galleryαM(東京 )

2011
人と人と他と人 - ギャラリーb.Tokyo(東京)

主なグループ展

2019
東風 - 武蔵野美術大学FAL、東京造形大学CSギャラリー(東京)

2018
木曽ペインティングスvol.2けものみち - 木曽の古民家(長野)
高橋コレクション「顔と抽象 - 清春白樺美術館コレクションとともに」 - 白樺美術館(山梨)

2017
たまたま15周年記念 featuring タマプロ ライブインスタレーション即興舞踏詩劇 マドレーヌ(壁画部分) - シャトー2F(東京)

2016
シークレットドア - ティル・ナ・ノーグギャラリー(東京)
Unusualness Makes Sense - Alternative Art Practices by Thai and Japanese Artists - チェン マイ大学アートセンター(タイ)

2015
ヒア アンド ナウ - ARATANIURANO(東京
VOCA 展 2015 現代美術の展望 - 新しい平面の作家たち - 上野の森美術館(東京)
超たまたま13 - 小金井アートスポットシャトー2F(東京)

2012
アートアワードトーキョー丸の内2012 - 行幸地下ギャラリー(東京)
G-tokyo/α Exhibition - 森美術館(東京)

2011
Essential Ongoing〜静寂と狂気〜 - BankART Life III 新・港村(神奈川)

2010
家で煮詰めて大事に啜る - Art Center Ongoing(東京)

パブリックコレクション

JAPIGOZZIコレクション
高橋コレクション
宮津大輔コレクション

Photo by Fuyumi Murata/Shintaro Yamanaka (Qsyum!)
(C) Akiko Kinugawa, courtesy of ANOMALY

--------

冨安 由真 / Yuma TOMIYASU

1983年生まれ、東京都在住

学歴

2017 東京藝術大学大学院美術研究科 博士後期課程美術専攻(研究領域油画)修了 博士号(美術)取得
2012 ロンドン芸術大学, Chelsea College of Arts, MA Fine Art科 修了
2009 ロンドン芸術大学, Chelsea College of Arts, BA Fine Art科 卒業
2006 ロンドン芸術大学, Byam Shaw School of Art at Central Saint Martins, Fine Art Foundationコース 卒業

個展

2019
Midnight Visitors 真夜中の来訪者 - 西武渋谷店 美術画廊・オルタナティブスペース(東京)
Making All Things Equal / The Sleepwalkers - ART FRONT GALLERY(東京)

2018
第12回shiseido art egg 冨安由真展: くりかえしみるゆめ Obsessed With Dreams - 資生堂ギャラリー(東京)
guest room 002 冨安由真:(不)在の部屋――隠れるものたちの気配 - 北九州市立美術館(福岡)

主なグループ展

2019
買える!アートコレクター展 Collectors’ Collective vol.1 - MEDEL GALLERY SHU(東京)
nine colors XV - 西武渋谷店 美術画廊・オルタナティブスペース(東京)

2018
nine colors XU - 西武渋谷店 美術画廊(東京)
第21回岡本太郎現代芸術賞展 - 川崎市岡本太郎美術館(神奈川)

2016
二人展 RAW-AGING (消耗と肖像) - Space Wunderkammer(東京)
第3回CAF賞入選作品展覧会 - 3331 Arts Chiyoda(東京)

2015
二人展 POP-DARK (呪と前衛) - TAG STA° Gallery(福岡)
中之条ビエンナーレ2015(群馬)
別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」(大分)

2013
二人展 Occultus -隠されたもの- - Art Center Ongoing(東京)
Trans Arts Tokyo 2013(東京)
シブカル祭。2013 - パルコミュージアム(東京)

2012
Shards - Griffin Rayne Gallery, The Gallery in Redchurch Street(イギリス・ロンドン)

2011
Now Is My Winter - The Gallery in Redchurch Street(イギリス・ロンドン)
The 2011 ING Discerning Eye Exhibition - The Mall Gallery(イギリス・ロンドン)
Signature Art Awards Exhibition - The DegreeArt.com Gallery(イギリス・ロンドン)
Exhausted Colour - The Gallery in Redchurch Street(イギリス・ロンドン)

2010
Jerwood Drawing Prize 2010 Exhibition - Jerwood Space(イギリス・ロンドン)※その後イギリス国内を4カ所巡回
The Siren Muse - The Rag Factory(イギリス・ロンドン)

2009
Rising Stars 2009 - Coombe Gallery(イギリス・ダートマス)

アワード

2018 第12回shiseido art egg 入選(東京)
2018 第21回岡本太郎現代芸術賞 特別賞受賞(神奈川)
2016 第3回CAF賞 入選(東京)
2011 Signature Art Awards 2011 入選(イギリス・ロンドン)
2010 The Jerwood Drawing Prize 2010 入選(イギリス・ロンドン)

主な出版物・掲載物

2019 月刊アートコレクターズ9月号, 荒木慎也評, 生活の友社
2018 怪談専門誌 幽Vol.30, KADOKAWA
2018 Pen 12/15号, CCCメディアハウス
2018 美術手帖10月号, 椹木野衣評, 美術出版社
2018 WEB版美術手帖6月6日 インタビュー掲載
2018 Art Center Ongoing 2008-2018, Art Center Ongoing
2015 Picturing People: The New State of the Art, Charlotte Mullins著, Thames & Hudson
2013 Her Name Is: Next Girls’ Profile / For People Who Love Girls’ Culture, パルコ出版

Photo by Hiroshi Noguchi
(C) Yuma Tomiyasu, courtesy of Art Front Gallery

--------

豊田 涼華 / Suzuka TOYODA

1996年 三重県生まれ
茨城県在住

学歴

2020 東京藝術大学大学院 美術研究科 絵画専攻(油画)在学中
2019 京都造形芸術大学油画コース卒業

Photo by Shintaro Yamanaka (Qsyum!)
(C) Suzuka TOYODA

------------------------------

[企画概要]
展覧会タイトル:『まなざしのカタチ』
展示作家:衣川明子・冨安由真・豊田涼華
会期:2020年2月15日(土)〜 3月8日(日)
オープニングレセプション:2月15日(土)18:00-20:00
協力:ANOMALY, ART FRONT GALLERY
営業日:水〜土 12:00〜19:00 / 日 12:00〜17:00
定休日:月・火・祝日
会場:WAITINGROOM(東京)
住所:〒112-0005 東京都文京区水道2-14-2長島ビル1F
TEL:03-6304-1877
展覧会に関するお問い合わせ:info@waitingroom.jp(担当:芦川 朋子)

------------------------------



© WAITINGROOM All rights reserved.