JP / ENG
about
exhibitions
artists
shop

エマージング・ディレクターズ・アートフェアー「ULTRA004」

2011年10月28日(金)〜11月3日(木)
(オクトーバーサイド:10月28日〜30日 ノベンバーサイド:11月1日〜3日)
*waitingroomはオクトーバーサイドに出展しました。

時間:11:00〜20:00
会場:青山スパイラル スパイラルガーデン
住所:東京都港区南青山5-6-23
電話:03-3498-1171
入場料:無料
主催:ウルトラ実行委員会(現場商會+株式会社ワコールアートセンター)
企画制作:スパイラル

今回、いわゆるギャラリーでの展示方法ではなく、壁全体に棚板を設置し、セレクトショップのような形態で作品を陳列します。あえて「モノ」的にアートを展示販売することで、現代の生活者である鑑賞者に、物質的なモノに収まらないアートの魅力や「アートを所有すること」の体験について提案したいと考えます。

今回の出展作家の多くはULTRA002、003に参加しましたが、「壁に掛ける」という一般的な展示状態を前提として制作してきました。今回は、「もうひとつの生き方とともに暮らす」、つまり作品所有のためのサイズ、形態、作家メッセージの伝達性を考慮した作品に挑戦し、作家としての新たな一面を提示します。

「This is (not) just an object.」は、作家とともに現代日本においてアートを所有する体験について考える、ひとつの実験の場になります。

出展作家:武居功一郎 / 杉原悠人 / 加藤豊 / 田中ヒサミ / 下平晃道 / 森田晶子 / 辻可愛 / 増村真実子

今回の展示設営は、原宿VACANTや、表参道ユトレヒトの内装等も手がけるDAIKEI MILLSに依頼しました。
どことなく懐かしい、生活感があるレイドバックした雰囲気の、素晴らしい展示棚を作り上げてくれました。

http://daikeimills.com/

今回のULTRA004での展示にて、wiatingroomの新しいプロジェクトを発表しました。

LAYERED INKは、現代美術ギャラリーのwaitingroom(東京・恵比寿)とシルクスクリーンプリンターの椙崎裕輔主宰のサンサラプリント(東京・自由が丘)によるシルクスクリーンプロジェクト。国内外の新進気鋭アーティストのエディション作品を、高品質なシルクスクリーンプリントとして展開していきます。
お求めいただきやすい価格帯で、シルクスクリーンならではの技法・素材をふんだんに使った独特の質感をお楽しみいただけます。

第1回作家:下平晃道(Murgraph)、田中ヒサミ

下平晃道(Murgraph) 田中ヒサミ

samsara print(サンサラ プリント)は、アーティスト椙崎裕輔主宰によるシルクスクリーン版画工房。
椙崎は2005〜2007にThe Art Students League of New Yorkでシルクスクリーンプリントを学び、版画作品が作家の有名無名を問わず身近に鑑賞・購入出来るニューヨークのアートシーンに触れ感銘を受ける。東京で同様の環境を作るためにはどうしたらいいか? 先ず身近に制作依頼出来る工房が必要であり、椙崎自ら制作の担い手になろうと考え当工房を設立。シルクスクリーン版画の受注制作と共に、ワークショップも計画中。
FeceBook : http://www.facebook.com/samsara.print web : http://www.ys-art.net


設置から会期中の様子まで、ULTRA004の記録

ULTRA004にご来場頂いたみなさま、ありがとうございました!

 

© waitingroom All rights reserved.