JP / ENG
about
exhibitions
artists
shop

[ART TAIPEI 2013]
会期:2013年11月8日(金)〜11月11日(月)
時間:11am〜7pm(11月11日は6pmまで)
VIP Preview:11月7日(木)3pm〜6:30pm(invitation only)
Vernissage:11月7日(木)6:30pm〜9pm
会場:Taipei World Trade Center, Exhibition Hall 1
住所:No.5, Sec 5, Xinyi Rd., Taipei, Taiwan
入場料:NT$ 300
URL:http://www.art-taipei.com
Booth #:E-03
出展アーティスト:毛利悠子(個展)

プレスリリースをダウンロードする。


毛利悠子「I/O(アイ・オー)」2011-2013
ロール紙, 竹炭, ベルリラ, ハタキ, ブラインド, LEDライト, 玩具, スプーン, トイレットペーパー, 水槽など
サイズ可変(会場&撮影:せんだいメディアテーク)


毛利悠子「サークルズ」2012
傘, ハタキ, 方位磁石, 古い玩具, ランプシェード, 扇風機, ベル, 電球など
サイズ可変(会場:waitingroom / 撮影:前澤秀登)

waitingroomは、2013年11月8日(金)〜11月11日(月)まで台北で開催されるアートフェア「ART TAIPEI 2013」のNew Media Sectionに、毛利悠子の個展で参加いたします。フェアー会場のブースでは、毛利の代表作の一つである大型インスタレーション作品「I/O」、waitingroomでの個展「Circles (2012)」・東京都現代美術館での個展「Circus (2012)」でも発表したインスタレーション作品の一部「水玉の傘と光のための試行」、そして新作「コールズのための構成要素」、「制作のためのドローイング」を展示いたします。waitingroomは同フェアへは初参加で、また毛利悠子の国際アートフェアでの発表は今回が初めてとなります。今年で20周年を向かえる「ART TAIPEI」では、トークやイベントなど様々なプログラムが開催される予定です。

作家・毛利悠子について
1980年神奈川県生まれ、多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業後、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科を修了。在学中よりテクノロジーを使った表現に興味を持ち、コンピューターや情報、機械でしか表現出来ない領域について模索していました。そうして確立された1つのスタイルが、廃材や使われなくなった道具と機械部品を組み合わせて作るインスタレーション作品です。作品中の素材の1つ1つが生き物のような動きをするのが大きな特徴で、また、もともと音楽に強い興味を持っていたことから楽器を使用することも多く、無数のモーターやコードに組み合わされた楽器や道具が、音を出したり光を放ったりすることによって、独特の空間を作り上げます。近年の展覧会として、個展『おろち』(2013, waitingroom, 東京)、グループ展『見過ごしてきたもの』(2013, せんだいメディアテーク, 宮城)、グループ展『アノニマス・ライフ』(2012, NTT InterCommunicationCenter [ICC], 東京)、個展『サーカス』(2012, 東京都現代美術館, 東京)、グループ展『x_sound』(2012, ナム・ジュン・パイク・アートセンター, 韓国)などが挙げられます。

私の活動テーマは、「人工」と「自然」との新しい関係の取り結びを探求することにあります。人工と自然、それは単純な対立図式ではありません。例えば、コンピュータの誤作動は人工なのか、それとも自然なのか。このようなテーマをきっかけとして、私は制作活動を開始しました。さまざまな局面で突然現れるエラーや偶然性といった要素は、「人工/自然」という、あたりまえのように存在すると考えていた私たちの区分けを揺さぶり、そのあわいにうつろう現象を垣間見せることがあります。- 毛利悠子, 2013年


毛利悠子「fort-da」2012
アコーディオン、シーソー、縄、電球、ホース、ハタキ、扇風機、ワイヤー、布、モーターなど
サイズ可変(会場:NTT InterCommunicationCenter [ICC] / 撮影:木奥恵三)


毛利悠子「サーカス」2012
傘、ハタキ、方位磁石、古い玩具、ランプシェード、ロール紙、扇風機、ブラインド、ベル、流木、プリズムなど
サイズ可変 (会場 : Museum of Contemporary Art, Tokyo, Bloomberg Pavilion / 撮影:新津保健秀)

----------

毛利悠子 Yuko MOHRI

<経歴>

1980 神奈川生まれ
2004 多摩美術大学美術学部 情報デザイン学科卒業
2006 東京藝術大学美術学部 先端芸術表現科修了
2006-2008 東京藝術大学大学院 映像研究科 研究員

個展

2013
「おろち」、waitingroom、東京

2012
「サーカス」、東京都現代美術館ブルームバーグ・パヴィリオン、東京
「サーキッツ」、adanda、大阪
「サークルズ」(@RE:OPEN展)、waitingroom、東京
「CIRCLES」、Agencia de Apoyo a la Arquitectura、スペイン・バルセロナ

2010
「ホリデイビキニ」、アップリンク・ギャラリー、東京
「ワンデイダラス」、路地と人、大阪
「エブリデイラオス」、20202、東京

グループ展

2013
「見過ごしてきたもの展」、せんだいメディアテーク、仙台

2012
「アノニマス・ライフ」、NTTインターコミュニケーション・センター、東京
「アートと音楽」、東京都現代美術館、東京
「シブカル祭。」、パルコ・ミュージアム、東京
「x_sound」、ナム・ジュン・パイク・アート・センター、韓国・ヨンギン

2011
「オルタネイティング・カレンツ展」、パース現代美術館、オーストラリア・パース
「東京芸術発電所」、東京芸術大学石膏室、東京
「シブカル祭。」、パルコ・ミュージアム、東京
「吾妻橋ダンスクロッシング」、アサヒ・アートスクエア、東京
「ジョン・ケージ『Variations Z』」、アサヒ・アートスクエア、東京

2010
「大友良英 アンサンブルズ2010 ─共振」、水戸芸術館現代美術ギャラリー、
茨城
「オカルトテクニクス」、アキバタマビ21、東京

2009
「アンサンブルズ09 休符だらけの音楽装置―余韻GIG」、旧在日フランス大使館庁舎別館、東京
「大友良英 アンサンブルズ09 休符だらけの音楽装置」、3331 アーツ千代田、東京
「Coded Cultures」、Museums Quartier、オーストリア・ウィーン

受賞

2006
「vexations」にて、アワード「プリックス アルス・エレクトロニカ」ホノラリー・メンション、オーストリア
「vexations」にて、アワード「トランス・メディアーレ・アワード」銀賞、ドイツ

レジデンス

2011.11.-2012.2.
Hangar、スペイン・バルセロナ(トーキョー・ワンダー・サイト給費による)

2007.6., 2008.1.-2.
s/lab サンダーランド大学、イギリス・サンダーランド

レクチャーとプレゼンテーション

2012
シンポジウム「Maker ムーブメントと芸術表現」(出演=城一裕・松井茂)、日本科学未来館、東京
アーティスト・トーク(聞き手=藪前知子)、東京都現代美術館、東京
アーティスト・トーク(聞き手=橋本梓)、adanda、大阪
「二国間交流事業 レジデンス帰国報告会」(出演=三田村光土里・鈴木ヒラク・村井啓乘・寺澤伸彦)、トーキョーワンダーサイト、東京

2011
プレゼンテーション Hangar、スペイン
シンポジウム「ネオトーキョーとは何か」出演=伊藤悠(island)・危口統之(悪魔のしるし)・草K洋平(東京ピストル)・齋藤桂太(渋家)・桜井圭介・篠田千明(快快)・吉田アミ、池尻大橋2.5D、東京

2010
特別講義(出演=平川紀道・井上恵介・津島岳央)、多摩美術大学、神奈川
特別講義、東京藝術大学情報芸術センター、東京
その他、東京経済大学(粉川哲夫)、金沢美術工芸大学(伊藤英高)、中京大学(カール・ストーン)などで特別講義を実施。

参考文献

・『アートと音楽──新たな共感覚をもとめて』フィルムアート社、2012年
・『ガールズ・アー・オールライト──東京カルチャーNOW』PARCO出版、2012年
・『x_sound: John Cage, Nam June Paik andAfter』ナム・ジュン・パイク・アート・センター(韓国)、2012年
・執筆記事「人工物と自然現象について/特集=女子アート・文化祭」、『美術手帖』2012年11月号、美術出版社
・批評:五所純子「サーカス/多重露光的祭祀場」、『美術手帖』2012年8月号、美術出版社
・インタビュー「SB コンシェルジュ」、『ブルータス』733号、2012年、マガジンハウス
・『Omnilogue ──記録』国際交流基金、2012年
・執筆記事「World Culture Report Vol.23 オーストラリア「Alternating Currents Japanese Art After March
2011」展滞在レポート」、『publicimage.org』、http://public-image.org/column/2011/12/19/wcr23.html
・『This Is Me!! ──カルチャー界の未来を切り開く100 名の女子クリエイターたち。』PARCO出版、2011年
・『ドキュメンテーション:大友良英|アンサンブルズ2010 ─共振』水戸芸術館、2011年
・論文「ゴッホってなんだろう?」、『SITE ZERO/ZERO SITE』2号、メディア・デザイン研究所、2008年

アーティストウェブサイト
http://www.mohrizm.net


毛利悠子「おろち」2013
延長ケーブル、ハタキ、電球、モーター、エナメルワイヤー、ラジカセ、電話、テープレコーダーなど
サイズ可変 (会場 : waitingroom / 撮影:前澤秀登)

----------

[作品と作家に関するお問い合わせ]
ギャラリー:waitingroom
担当者:芦川朋子(オーナー・ディレクター)
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-8-11渋谷百貨ビル3F(4B)
TEL/ FAX:03-3476-1010
email:info@waitingroom.jp

© waitingroom All rights reserved.