大久保紗也
Saya OKUBO
1992年 福岡生まれ
現在京都を拠点に活動中
profile photo by Hidenori Suzuki
WORKS EXHIBITIONS NEWS STATEMENT CV

WORKS

  • 個展『They』
    2020
    展示風景
    会場:WAITINGROOM(東京)/ 撮影:山中慎太郎(Qsyum!)
  • They
    2020
    Oil and acrylic on corrugated plastics sheeting, 1820 × 1500 mm
  • They
    2020
    Oil and acrylic on corrugated plastics sheeting, 1820 × 1500 mm
  • Flag girl
    2020
    oil and acrylic on canvas panel, 1455 × 970 mm
  • Climbing (pointing)
    2020
    oil and acrylic on canvas panel, 1167 × 910 mm
  • The child pointing
    2020
    oil and acrylic on canvas panel, 910 × 727 mm
  • sitting with stick
    2020
    oil and acrylic on canvas panel, 803 × 652 mm
  • maybe there
    2020
    oil and acrylic on canvas panel, 800 mm in dia.
  • pointing finger (mirror)
    2020
    oil and acrylic on canvas panel, 455 × 530 mm
  • bending body
    2020
    oil and acrylic on canvas panel, 455 × 380 mm
  • Woman with knife
    2020
    oil and acrylic on canvas panel 1303 × 970 mm
  • The sitting man
    2020
    oil and acrylic on canvas panel 910 × 727 mm
  • Waiting with plant
    2020
    oil and acrylic on canvas panel 910 × 727 mm
  • I was hit by a yellow car.
    2020
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • She's lying
    2020
    oil and acrylic on canvas panel 652 × 803 mm
  • They (Venus)
    2019
    oil and acrylic on canvas panel, 1167 × 910 mm
  • They (Leader)
    2019
    oil and acrylic on canvas panel, 910 × 727 mm
  • They (Lovers)
    2019
    oil and acrylic on canvas panel, 910 × 727 mm
  • a distant man
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 410 × 318 mm
  • Here and there
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • He was thinking
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • Nothing (crying)
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • Flop down
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 530 × 455 mm
  • Sleeping
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 530 × 455 mm
  • She’s sitting (Reverse)
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 333 × 242 mm
  • Sleep with a pot in her arms
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 410 × 318 mm
  • with a plant
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 455 × 380 mm
  • Scratch the nose
    2019
    oil and acrylic on canvas panel 333 × 242 mm
  • She’s sitting
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 910 × 727 mm
  • portrait
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 333 × 242 mm
  • a shock
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 455 × 380 mm
  • nothing (ghost)
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 455 × 380 mm
  • nothing (man)
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 652 × 803 mm
  • pointing finger
    2018
    oil and acrylic on canvas panel, 530 × 455 mm
  • 個展『a doubtful reply』
    2018
    展示風景
    会場:WAITINGROOM(東京)/ 撮影:山中慎太郎(Qsyum!)
  • The short answer is no and yes
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 1940 × 1303 mm
  • Sitting an’ thinking
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 1620 × 1303 mm
  • His drawing drawing
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 1620 × 1303 mm
  • It was impossible to guess whether it meant ‘yes’ or ‘no’
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 910 × 727 mm
  • She’s dropping
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • She is there
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • Portrait
    2018
    oil and acrylic on canvas panel 455 × 380 mm
  • Pointing finger
    2018
    oil and acrylic on canvas panel, 333 × 242 mm
  • Holy portrait
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 273 × 220 mm
  • His drawing drawing
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 530 × 455 mm
  • His drawing drawing
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 1829 × 1329 mm
  • Portrait
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • Person crouching down
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 803 × 652 mm
  • Bracelet (night)
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 230 × 160 mm
  • Mistake (in the Room)
    2017
    oil and acrylic on panel 711.2 × 558.8 mm
  • He on the stairs
    2017
    oil and acrylic on canvas panel 914.4 × 609.6 mm
/51

STATEMENT

私の制作は、紙にペンで描かれた自らのドローイングをきっかけとして、平面空間におけるモノや人の存在、実存について探る行為です。日々、無数の平面(ディスプレイ)に囲まれながら生活していると、時に現実と平面世界を混同します。その浅い空間での現象がまるで実際に体験した出来事のように、または、日常で出会うモノや人がふと薄っぺらく感じるように。私たちの認識は、平面と物体との間で揺れ動いている。

紙にペンでドローイングするとき、その線は一体何を辿り、意味しているのかと考えます。
はっきりと理解するよりも先に紙に引かれた線は、モチーフの輪郭をたどりながらも身体的なくせや直感的な思い込みによって抽象的な形に変容していく。「真実」や「正確さ」とは常に受け取った個々の中で変容していくものです。ドローイングは、世界を捉えた私の最適解であり、たとえそれがぐちゃぐちゃに消されていても、何度も書き直されようとも、それは私が見たものに対する返答であることに変わりはありません。身体の動きと、その行為に付随する意味の引き受け、または転換が、私の身勝手な線引きによって行われる。

絵画は、物体とも平面とも捉えられるあいまいなものです。画面にモチーフを落とし込むとき、輪郭線として表される二次元的な表現と、物質感を伴うフェノメラルな像のうねりとが絵画の上に混在します。そしてその要素は、認識される中で時に溶解し混同され、時に分離し切断される。

異なるレイヤー同士が合わさり、変容し、転換される場としての絵画。
正確さから切り離され、私の個人的な身体性や記憶とともに放出されたモチーフは、新たな輪郭をもって個々の連想の中に入り込む。存在の輪郭とは、そのようにゆらゆらと曖昧なものなのだと思っています。

CV

学歴
2017

京都造形芸術大学大学院芸術専攻ペインティング領域 修了

2015

京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース 卒業

個展
2020

They - WAITINGROOM(東京)

2018

a doubtful reply – WAITINGROOM(東京)

グループ展
2019

大鬼の住む島 − WAITINGROOM(東京)

2017

NEWSPACE – WAITINGROOM(東京)

第4回CAF賞入賞作品展 – 代官山ヒルサイドフォーラム(東京)

美大生展2017 – SEZON ART GALLERY(東京)

京都造形芸術大学大学院 修了展 – Galerie Aube(京都)

2016

movement 2016 {1st movement} – ARTZONE(京都)

SPERT 2016 – Galerie Aube(京都)

2015

HERE I AM KUAD × TUNA交流展 – Na pai Art Gallery(台北・台湾)

HOP2015 – Galerie Aube(京都)

京都造形芸術大学 卒業展 – 京都造形芸術大学(京都)

アワード
2017年 第4回CAF賞 白石正美賞
掲載記事
「現代ビジネスマンの嗜み!? アートコレクターの事始め」、『AERA STYLE MAGAZINE』No.42、2019年春号、p.148、朝日新聞出版
「完売作家全データ2019」、『月刊アートコレクターズ』No.120、2019年3月号、p.52、生活の友社
「世界のエグゼクティブ、そのアート事情。」、『GOETHE』2019年1月号、p.81、幻冬舎
深野一朗「同世代の作家はライバル。「外向的」アート・コレクター小松準也さんの当事者目線とは。」、ミューゼオ・スクエア、2018年11月、https://muuseo.com/square/articles/942