吉田博『漂流する風景とねじくれた神秘』

2010年11月20日(土)- 12月25日(土)
オープニングサロン:2010年11月20日(土)18~21時

※会期中は、月 17~23時および金&土 13~19時のみのオープンとなります。
※本展および新スペースのオープニングサロンを、2010 年11 月20 日(土)18~21時に開催いたします。作家の吉田も在廊いたしますので、ぜひお立ち寄りください。
展示風景
プレスリリース
PDF

このたびwaitingroomは、三軒茶屋から恵比寿の新スペースへ移転することとなりました。

<新住所&電話番号>
東京都渋谷区恵比寿西2-8-11 渋谷百貨ビル4B
Tel:03-3476-1010

移転後の最初の展覧会として、2010年11月20日(土)から12月25日(土)まで、吉田博 個展『漂流する風景とねじくれた神秘』を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

吉田博は1988年京都府生まれ、現在は金沢美術工芸大学油画科4年に在籍中です。学外でも積極的に活動し、2008年に新宿区とトーキョーワンダーサイトの共催による『シンジュクアートインフィニティ』に参加、2009年はwaitingroomで初個展『WORLDS』を開催しました。同年『シェル美術賞2009』で入選を果たし、アートフェア『ULTRA002』における展示でも注目を集めました。2010年はフランス大使館旧庁舎での『No Man’s Land』に参加するなど、さらに活動の幅を広げています。
吉田にとってwaitingroomでの2度目の個展となる本展では「不確かな世界とリアリティ」をテーマとした新作のペインティング作品を展示いたします。

本展タイトル『漂流する風景とねじくれた神秘』には、吉田自身の、「ひとつにまとまった完全な世界に憧れるけど、それは不可能だからバラバラなものをすべて受け入れて、不完全を反転させて完全を求めようという倒錯した世界観=ねじくれた神秘を表現したい」という想いが込められています。
様々な場面、物語が不完全でバラバラのままに共存する「漂流する風景」、それを生成する「ねじくれた神秘」こそが純粋で美しく、確かな足場としてのリアリティを感じる、と吉田は言います。自身を取り囲む世界に対する吉田の言葉からは、懐疑、焦燥、そして反抗が感じられますが、それ故に、揺れ動くあらゆる現象のすべてを受け入れ、自身を透過させることで見えてくる風景、そのリアリティを追求しようという、若き作家としての静かな意欲が垣間みられます。

新作『宗教的絵画』、『燃える』では、荒涼としつつも静謐な画面に、様々なモチーフ・イメージが落雷により燃えている様子が、さながら古代宗教の儀式のように描かれています。モチーフ・イメージは、半ば偶然に選定されています(「たまたま見たフライヤーに載っていたルソーの作品や美術手帖で見た若手作家の作品」など)。
ヤギ、干し草、洋の東西の絵画といったものが、本来の文脈や歴史的価値から離れ、落雷という「神秘的な何か」によって燃え上がる風景は、吉田の世界へのまざなしを象徴するものといえるでしょう。

吉田が描く、純粋がゆえにねじくれた神秘世界を、この機会に是非、ご高覧頂けますようお願い申し上げます。

アーティスト
吉田博
Hiroshi YOSHIDA