森田晶子『sound sleep』

2015年10月31日(土)- 12月6日(日)
オープニングレセプション:10月31日(土)18:00-21:00

・会期中は、月曜日 17~23時および金・土・日曜日 13~19時のオープンとなります。
・本展のオープニングレセプションを、初日の10月31日(土)18~21時に開催します。
・なお、初日も通常通り13時からオープンいたします。
展示風景
作品
undo
2015
パネルに油彩とアクリル 直径30cm
天蓋記
2015
パネルに油彩とアクリル 直径38cm
ドレープ渓谷
2015
パネルに油彩とアクリル 直径32cm
フランネル
2015
パネルに油彩とアクリル 直径36cm
プレスリリース
PDF

waitingroomでは2015年10月31日(土)から12月6日(日)まで、当ギャラリーでは2年ぶり4度目となる森田晶子の個展『sound sleep』を開催いたします。アクリル絵具で着彩の後、厚く乗せた油絵具を引っ掻いてモチーフを描き、さらに着色をして最終的な仕上げをする独特の技法で絵画を制作し、また円型やハニカム型など特殊な形状のパネルを使用していることからも、森田の作品は平面作品ではなく立体作品のような物質感が特徴的です。本展では、円型の作品8点、大型のハニカム型作品2点、ハニカム型7点の組作品、全て新作での発表を予定しています。また、展覧会開催にあわせて、初の本格的なアートブック『The sound sleepers』も発表いたします。

作家・森田晶子について

1977年富山県生まれ、愛知県在住。武蔵野美術大学造形学部映像科中退後、1999年に愛知県立瀬戸窯業高校陶芸専攻科を終了し、 2005年にセツ・モード・セミナーを卒業。日常と空想の移ろいをテーマにした作風が特徴的なペインターです。近年の展覧会は、 2013年個展『む こ う が お か』(waitingroom / 東京)、2013年グループ展『であ、しゅとるむ』(名古屋市民ギャラリー矢田 / 愛知)、2011年個展『through the fog』(Satellite / 岡山)が挙げられます。2013年のwaitingroomでの個展以来、2年ぶりの個展となります。

熟睡(sound sleep)とは、混沌に対して無防備でありつつも静かなパワーを秘めた状態

本展のタイトル「sound sleep」には、「熟睡」という意味があり、極めてプライベートで誰の日常にも存在しうる行為によって、無防備でありつつ静かなパワーが満ちている状態を身近に表現したいという作家の思いが込められています。また、『さまざまな混沌を見つめる機会があるが、一旦それらを心の中にとどめて出てきた作品は、混沌とは真逆の、静かな熱を秘めたものだった。』と森田は語ります。フランスの詩人ルコント・ド・リールの、「真昼」という作品の中の一節「炎のころも、纏ひたる地の熟睡の静心。」(訳/上田敏)の、「熟睡の靜心(しづごころ)」がまさにその状態を表現している言葉だと森田は引用しており、そこから展覧会のタイトルが付けられました。あからさまに情熱的でパワフルな情景ではなく、静寂の中に存在するパワーが湛えられている情景。それは、森田の過去の作品にも共通して描かれてきた風景でした。このたびの森田の新作展を、ぜひご高覧下さい。

アートブック『the sound sleepers』の発表

本展開催にあわせて、森田晶子にとって初の本格的なアートブック『the sound sleepers』を発表いたします。厚紙のデザイン展開が特徴的なデザインチームPORTに装丁を依頼し、スペシャルな1冊が誕生しました。特徴的な形状の外箱の中に、森田の作品の特徴でもある円型の作品イメージが8枚収納されており、1枚1枚を個別の作品のように壁に飾って鑑賞することができる、特別な仕掛けになっています。



上記イメージ2点は、サンプルの画像となります。
タイトル:the sound sleepers
発行人:森田晶子
デザイン:PORT
発行日:2015年10月28日(予定)
初版部数:200
サイズ:箱 304 x 304 x 20 mm / 中身の厚紙 直径300mm
価格:4,320円(税込)
内容:プレスリリース内に使用した作品および以下の3点を含めた、8点の厚紙の円型イメージが箱の中に収納されています。

アーティスト
森田晶子
Shoko MORITA