ART FAIR TOKYO 2020

2020年3月20日(金)- 3月22日(日)
新型コロナウィルス感染拡大のニュースを受けまして、感染予防および拡散防止のため、2020年3月19日から22日に開催予定の「アートフェア東京2020」への出展を中止することにいたしました。
ご来場いただくお客様や出展作家の健康面を考えまして、苦渋の選択ではございますが、このような結論にいたりました。

その後アートフェア東京事務局からの発表で、アートフェア東京の開催中止が決定されました。

出展作家はフェアに向けて準備をしてきておりましたゆえ、
ギャラリーとしては展示予定の作品を限られた状況の中だとしても、見ていただく機会を作りたいと考えまして、
アートフェア東京2020に出展予定だった作品のビューイング展をギャラリーにて開催することに致しました。
プレスリリース

アートフェア東京2020
会期:2020年3月20日(金)~ 22日(日)
時間:11:00-20:00(最終日は17:00まで)
場所:東京国際フォーラム 地下2階 ホールE・地下1階ロビーギャラリー(東京都千代田区丸の内3-5-1)
入場料(1DAYパスポート): 前売券 4,000円 / 当日券 5,000円(税込)
ウェブサイト:http://artfairtokyo.com
ブール番号:G14

出展アーティスト : exonemo、大久保紗也、川内理香子、平子雄一

※掲載画像は出展予定の作品と参考作品画像の両方が載っています。詳しい出展作品についてはお問い合わせ下さい。
———-


《Cat and Mouse》 2007-2019, シングルチャンネルビデオ, サウンド, 4分6秒
Photo by Shintaro Yamanaka (Qsyum!), Courtesy of WAITINGROOM

エキソニモ exonemo
千房けん輔と赤岩やえによるアートユニット。1996年にインターネット上で活動を開始。2000年から実空間でのインスタレーションやパフォーマンス、イベントオーガナイズ等へ活動を広げます。2006年、世界的なメディアアート・フェスティバルであるアルス・エレクトロニカのネット・ヴィジョン部門でゴールデン・ニカ賞(大賞)を受賞。2012年には10数名のメンバーと共にIDPW(アイパス)を組織し、「インターネットヤミ市」をはじめとするイベントを国内外で開催。2015年からはニューヨークを拠点に活動中。近年の展覧会として、2019年個展『LO』(WAITINGROOM、東京)、2018年グループ展『メディアアートの輪廻転生』(山口情報芸術センター[YCAM]、山口)、『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』(水戸芸術館、茨城)、2018年個展『The Life-Cycle of Interfaces』(New Media Artspace gallery, Baruch College Library、ニューヨーク・アメリカ)、2016年グループ展『Spirit and Digit』(Electro Museum、モスクワ・ロシア)、2013年個展『TO THE APES』(三菱地所アルティアム、福岡)などが挙げられます。

アーティストウェブサイト
http://exonemo.com


左:《They (Leader)》 2019, oil and acrylic on canvas panel, 910 x 727 mm
右:《They (Venus)》 2019, oil and acrylic on canvas panel, 1167 x 910 mm

大久保紗也 Saya OKUBO
1992年福岡県生まれ、2017年に京都造形芸術大学大学院・芸術専攻ペインティング領域を修了。現在は京都を拠点に活動中。近年の展覧会として、2019年グループ展『大鬼の住む島』(WAITINGROOM、東京)、2018年個展『a doubtful reply』(WAITINGROOM、東京)、2017年グループ展『美大生展2017』(SEZON ART GALLERY、東京)、2016年グループ展『movement 2016 – 1st movement -』(ARTZONE、京都)、2015年『HERE I AM KUAD x TUNA交流展』(Na pai Art Gallery、台北・台湾)、グループ展『HOP2015』(Galerie Aube、京都)などが挙げられます。まだ展示歴の少ない92年生まれの新生でありながら、2017年秋に参加した公募グループ展『第4回CAF賞入賞作品展』(代官山ヒルサイドフォーラム、東京)では白石正美賞を受賞し、その作品が大きく注目されました。

アーティストウェブサイト
https://www.sayaokubo.com


左:《broken vessel》 2019、oil on canvas, 485 x 410 mm
右:《bone》 2019, oil on canvas, 260 x 350 mm

川内理香子 Rikako KAWAUCHI
1990年東京都生まれ。2017年に多摩美術大学大学院美術学部絵画学科油画専攻を修了。現在は東京を拠点に活動中。近年の展覧会として、2019年グループ展『drawings』(ギャラリー小柳、東京)、2018年個展『human wears human/bloom wears bloom』(鎌倉画廊、神奈川)、個展『Tiger Tiger, burning bright』(WAITINGROOM、東京)、2017年個展『Something held and brushed』(東京妙案GALLERY、東京)、グループ展『ミュージアム・オブ・トゥギャザー展』(スパイラル、東京)、個展『NEWoMan ART wall Vol.7: Rikako KAWAUCHI』(NEWoMan ART wall, JR 新宿駅ミライナタワー改札横のディスプレイ、東京)、2016年個展『ART TAIPEI 2016 – WAITINGROOMソロブース』(Taipei World Trade Center / 台北・台湾)が挙げられます。また、2014年に参加した公募展『第1回CAF賞展』での保坂健二朗賞受賞、2015年『SHISEIDO ART EGG』ではART EGG賞受賞など、若手ながら確かな実力を持つ注目の作家です。

アーティストウェブサイト
https://rikakokawauchi.com


左:《Perennial 26.Mar》 2019, acrylic on canvas, 1167 x 910 mm
右:《Perennial 6.Nov》 2019, acrylic on canvas, 1620 x 1300 mm

平子雄一 Yuichi HIRAKO
1982年岡山県生まれ、東京都在住。2006年にイギリスのWimbledon College of Art, Fine Art, Painting学科を卒業。近年の展覧会に、2019年個展『Memories』(WAITINGROOM、東京)、グループ展『ミテ・ハナソウ展2019』(佐倉市立美術館、千葉)、グループ展『CYGNUS LOOP』(Gallery Baton、ソウル)、2018年個展『project N 71 平子雄一』(東京オペラシティアートギャラリー・4Fコリドール、東京)、個展『Dazzling Leaves』(ZERP、ロッテルダム)、個展『Greening』(WAITINGROOM、東京)、2015年個展『Bark Feeder』(第一生命ギャラリー、東京)などが挙げられます。また、2020年岡山県新進美術家育成『I氏賞』大賞受賞、2009年『シェル美術賞』入選、2010年『トーキョーワンダーウォール2010』トーキョーワンダーウォール賞受賞、2013年『VOCA展』奨励賞受賞など国内の主要公募展での活躍も目覚ましく、Akzonovel Art Foundation、LISSER ART MUSEUM(共にオランダ)、第一生命(日本)にパブリックコレクションとして作品が収蔵されるなど、国内外で広く活躍しているアーティストです。

アーティストウェブサイト
http://yuichihirako.com

アーティスト
エキソニモ
exonemo
大久保紗也
Saya OKUBO
川内理香子
Rikako KAWAUCHI
平子雄一
Yuichi HIRAKO