飯山由貴
Yuki IIYAMA
1988年 神奈川県生まれ
現在神奈川と東京を拠点に活動中
profile photo by Shingo KANAGAWA
WORKS EXHIBITIONS NEWS STATEMENT CV

WORKS

  • ヨコハマトリエンナーレ 2020
    2020
    展示風景
    会場:横浜美術館(神奈川)/ 撮影:大塚敬太 / 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会2020
  • オールド ロング ステイ
    2020
    シングルチャンネルビデオ、サウンド 170分
  • コンニチハ技術トシテノ美術
    2017
    展示風景
    会場:せんだいメディアテーク(宮城)
  • Wheel
    2017
    綿糸 1000 x 1000 mm
  • 戦争画の部屋
    2015-2016
    3つの発見された戦争画、シングルチャンネルビデオ, サウンド 23分32秒
    『歴史する!Doing history!』2016年 / 展示風景 / 会場:福岡市美術館(福岡)
  • 戦争画の部屋
    2015-2016
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 23分32秒
    ビデオスチル
  • 作品の前で語られた、いくつかの会話
    2016
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 16分34秒
    7種類のテキスト /『歴史する!Doing history!』2016年 / 展示風景 / 会場:福岡市美術館(福岡)
  • 作品の前で語られた、いくつかの会話
    2016
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 16分34秒
    ビデオスチル
  • 生きている百の物語
    2016
    3チャンネルビデオインスタレーション, 転写した66枚のパネル, ノート
    『瀬戸内国際芸術祭2016』2016年 / 展示風景 / 会場:宮浦ギャラリー六区(直島)/ 撮影:加藤健
  • 生きている百の物語
    2016
    3チャンネルビデオインスタレーション, 転写した66枚のパネル, ノート
    『瀬戸内国際芸術祭2016』2016年/ 展示風景 / 会場:宮浦ギャラリー六区(直島)/ 撮影:加藤健
  • 生きている百の物語
    2016

    ビデオスチル
  • 生きている百の物語
    2016

    ビデオスチル
  • 個展『APMoA Project, ARCH vol.16:飯山由貴 Temporary home, Final home』
    2015
    展示風景
    会場:愛知県美術館(愛知)/ 撮影:林育正
  • 個展『APMoA Project, ARCH vol.16:飯山由貴 Temporary home, Final home』
    2015
    展示風景
    会場:愛知県美術館(愛知)/ 撮影:林育正
  • 何が話されているのか、また何故その発話の形式と内容は、そうした形をとるのか
    2015
    シングルチャンネルビデオ、サウンド 45分47秒
  • 天国と地獄
    2015
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 27分33秒, プリント(518 x 728 mm)
  • SOUVENIR
    2015
    ミクストメディア
  • VIVRE SA VIE / 自分の人生を生きる / My Life to Live
    2015
    ネオンサイン 150 x 1250 x 100 mm
  • 個展『あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく』
    2014
    展示風景
    会場:WAITINGROOM(東京)
  • 個展『あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく』
    2014
    展示風景
    会場:WAITINGROOM(東京)
  • 海の観音さまに会いにいく
    2014
    スライド写真
    撮影:宮澤響
  • あなたの本当の家を探しにいく
    2013
    シングルチャンネルビデオ、サウンド、 33分52秒
  • hidden names
    2014
    シングルチャンネルビデオ、サウンド、 46分03秒
  • ローカルヒストリー この場所の小さな歴史 / 草木を植えること、そして刈り取ること
    2014
    ウール, 紙にインクジェットプリント 1650 x 2700 mm
  • 個展『湯気 けむり 恩賜』
    2013
    展示風景
    会場:実家 JIKKA(東京)
  • 個展『湯気 けむり 恩賜』
    2013
    展示風景
    会場:実家 JIKKA(東京)
  • 個展『湯気 けむり 恩賜』
    2013
    展示風景
    会場:実家 JIKKA(東京)
  • 湯気
    2013
    シングルチャンネルビデオ 8分55秒
  • けむり
    2013
    シングルチャンネルビデオ 14分1秒
  • 無名の事故
    2010
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
  • 名画と野宿
    2011
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
  • car crash
    2012年
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
  • この不安とどうつきあっていくか
    2012
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
/33

NEWS

STATEMENT

過去の記録物や人への取材を手がかりに、社会と個人の影響関係に関心を持ちながら映像やインスタレーションを制作している。社会的なスティグマが作られる過程と、その経験が語られなおすことに関心を持っている。

CV

学歴
2013

東京藝術大学大学院美術研究科油画修了

2011

女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻卒業

職歴
2016-2019

東京藝術大学大学院美術研究科油画技法材料研究 非常勤講師

個展
2020

生きている百の物語 – WAITINGROOM(東京)

2017

Words coming out of the wards – ARTHUB三樹荘(福岡)

2016

瀬戸内国際芸術祭2016・アーティスト in 六区 2016 : Vol.1 飯山由貴:生きている百物語 – 宮浦ギャラリー六区(直島)

2015

APMoA Project, ARCH vol.16:飯山由貴 Temporary home, Final home – 愛知県美術館(名古屋)

飯山由貴個展 – アートフェア東京2015・WAITINGROOMブース(東京国際フォーラム)

2014

あなたの本当の家を探しにいく / ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく – WAITINGROOM(東京)

2013

湯気 けむり 恩賜 – 実家 JIKKA(東京)

2011

installation plan – ginza gallery jyoshibi(東京)

グループ展
2020

ヨコハマトリエンナーレ2020『Afterglow - 光の破片をつかまえる』 - 横浜美術館(神奈川)

新収蔵品展(近現代美術) - 福岡市美術館 コレクション展示室 近現代美術室B(福岡)

2017

世界の集め方 – 鞆の津ミュージアム(広島)

NEWSPACE – WAITINGROOM(東京)

コンニチハ技術トシテノ美術 Nice to meet you ARTECHNIK – せんだいメディアテーク(宮城)

MOT Satellite - 往来往来 – 東京都現代美術館サテライツプロジェクト・清澄白河エリアの各所(東京)

history in art / pop up show at MKG – MAHO KUBOTA GALLERY(東京)

2016

歴史する! Doing history! – 福岡市美術館(福岡)

飯山由貴 ワークショップ+リサーチ プロジェクト「ありのままごと」– 秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT(秋田)

2015

戦争画STUDIES – 東京都美術館(東京)

躊躇 – higure 17-15 cas(東京)

Post-Narratives: 蒐集家としての芸術家 – namGallery(東京)

2014

アラフドアートアニュアル2014 – 福島市民家園(福島)

第二回28zaki 海浜博覧祭 – 旧玉ノ井旅館(福岡)

SUMMER GROUP SHOW -FROM NOW ON- – WAITINGROOM(東京)

Identity X – nca | nichido contemporary art(東京)

First Attacks! – Space Wunderkammer(東京)

2013

テント村 – art & river bank(東京)

28zaki 海浜博覧祭 – 旧玉ノ井旅館(福岡)

有志展 Pre Show Toride 2013 – 東京藝術大学取手校地(茨城)

2012

ワタラセアートプロジェクト2012 PARADE – 日光市足尾町など(栃木)

RinnePlatz – Gallery Conceal(東京)

戦車の中を想像する – 藝祭 東京藝術大学(東京)

群馬青年ビエンナーレ2012 – 群馬県立近代美術館(群馬)

地獄の品格 ゲルセミウム・エレガンス – 東京藝術大学(東京)

2011

GTS 隅田川新名所物語2011 – 隅田公園リバーサイドギャラリー(東京)

作品は、ここにあった 現代アートの考古学 - ginza gallery jyoshibi(東京)

アートアワードトーキョー丸の内2011 – 行幸地下ギャラリー(東京)

女子美スタイル・最前線2011 – BankArt Studio NYK(神奈川)

パフォーマンス、イベント
2015

「ある職業の人を探しにいく」上野周辺(東京)

「よっぱらい、誤用、アーカイブ、ゴミ」nam gallery(東京)

2014

「無声映画の新しい字幕を考えてみる」旧三福、神奈川、Space WunderKammer、東京など

2013

「スクラップブックを読みながらお茶やお酒を飲む」art & river bank(東京)

「わたしの(あなたの)本当の家を探しに行く」荻窪駅集合(東京)

「voices textile」Le Tabou(東京)

上映会
2017

第9回恵比寿映像祭地域連携プログラム『シネマティック・プリズム』AIT x TAKANAWA Unlimited 映像上映会、代官山AITルーム(東京)

出版物
『あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく』2014年9月、WAITINGROOM
『湯気 けむり 恩賜 ノート』2013年9月、自費出版
展覧会図録
『APMoA Project, ARCH 2012-2017』カタログ、2019年3月、愛知県美術館
『コンニチハ技術トシテノ美術』カタログ、2018年4月、T&M Projects
『世界の集め方』カタログ、2018年3月、鞆の津ミュージアム
『戦争画STUDIES』カタログ、2017年、戦争画STUDIES展実行委員会
『瀬戸内国際芸術祭2016』カタログ、2017年6月、瀬戸内国際芸術祭実行委員会
『歴史する!Doing history!』カタログ、2017年3月31日、福岡市美術館
『あとを追う』「MOTサテライト 2017春 往来往来」展カタログ、2017年2月11日、remo
第4回都美セレクショングループ展、カタログ、2016年、東京都美術館
『APMoA Project, ARCH vol.16 飯山由貴「Temporary home, Final home」』、ブローシャー、2015年8月、愛知県美術館
『アートフェア東京2015』カタログ、2015年3月18日、アートフェア東京実行委員会
掲載記事
黒岩朋子「”Afterglow" 7th Yokohama Triennale 2020」レビュー、『Flash Art』、FA332 Fall 2020号、p.206
「宮津大輔が選ぶ New Media Art, File 38 飯山由貴」、『月刊アートコレクターズ』No.139、2020年10月号、p.102、生活の友社
大坂紘一郎「第7回 ヨコハマトリエンナーレ『Afterglow』」レビュー、『ART AGENDA』、2020年9月8日、https://www.art-agenda.com/features/346966/7th-yokohama-triennale-afterglow/
Edward M. Gomez「A Triennale In Tune With Our Pandemic-Affected Moment」、『HYPERALLERGIC』2020年8月1日、Hyperallergic Media Inc.、https://hyperallergic.com/579446/2020-yokohama-triennale-during-pandemic/
Taro Nettleton,「Yokohama Triennale 2020 ‘Afterglow’ Review: Must the Show Go On?」、『Art Review』2020年7月29日、 https://artreview.com/yokohama-triennale-2020-afterglow-review-must-the-show-go-on/
「ヨコハマトリエンナーレ2020が開幕。アートが提示するコロナ時代のその先とは」、web版美術手帖、2020年7月17日、美術出版社、https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/22348
「日本の現代アートまとめ」特集、『Casa BRUTUS』No.243、2020年6月号、p.107、マガジンハウス
小金沢智「生きるための技術のあらわれ」、『美術手帖』1064号、2018年2月号、p.172-173、美術出版社
竹口浩司、九州版日経新聞 夕刊、2017年7月7日
塚本紗織(慶應義塾大学)「精神医学と芸術 ―飯山由貴さんのイマジネーション」、医学史と社会の対話、2017年5月17日、https://igakushitosyakai.jp/article/post-141/
偽史 +journal、2016年(エッセイの掲載)
木村奈緒「UNKNOWN」、NEW ERA Ladies ZINE、2016年
「アーティストin 六区 2016 vol.1 飯山由貴『生きている百物語』」、ベネッセアートサイト直島、2016年8月19日、http://benesse-artsite.jp/story/20160819-647.html
「『読む』美術 Part 3 書物の形状や文字を愉しむ」、『月刊アートコレクターズ』No.89、2016年8月号、p.34、生活の友社
渡辺翔太郎「『香川』生きている百物語 飯山由貴 瀬戸芸2016」、『朝日新聞デジタル』、2016年4月2日、http://www.asahi.com/articles/ASJ3M6FF4J3MPLXB016.html
正路佐知子「居場所/出口のための余白」、『美術手帖』1031号、2015年12月号、p.184-185、美術出版社
APMoA Project, ARCH vol.16 飯山由貴、『美術手帖』1026号、2015年9月号、ART NAVI、p.17、美術出版社
能勢陽子「飯山由貴 Temporary home, Final home(APMoA Project, ARCH Vol.16)」、artscape、2015年9月1日、http://artscape.jp/report/curator/10114137_1634.html
西川美穂子(司会・構成)「座談会:リサーチ/アーカイブ/ナラティブ 美術は何を語るか?「言葉」と「歴史」を巡って 下道基行×ミヤギフトシ×佐々瞬×飯山由貴」、『美術手帖』1021号、2015年5月号、p.96-101、美術出版社
「アートフェアで見つけた新鋭作家!」、『美術の窓』No.380、2015年5月号、p.79、生活の友社
島田浩太朗「一人遊びと柔らかな現実」、『美術手帖』1016号、2014年12月号、p.237、美術出版社
飯山由貴個展 あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく、『美術手帖』1012号、2014年10月号、ART NAVI、p.15、美術出版社
「見たもの、感じたもの、伝えたもの 飯山由貴個展『あなたの本当の家を探しに行く/ムーミン一家になって海の観音様に会いにいく』、TOKYO HEADLINE、vol.646、2014年9月13日
松本玲子「恵比寿で飯山由貴「ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく」展」、FASHION HEADLINE、2014年9月11日、http://www.fashion-headline.com/article/2014/09/11/7660.html
yumisong「Interview with 飯山由貴」、アラフドアートアニュアル2014、2014年9月5日、http://arafudo.net/interview-with-yukiiiyama/
Aya Shomura「飯山由貴個展「あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく」」、SHIFT、2014年8月23日、http://www.shift.jp.org/ja/blog/2014/08/yuki-iiyama-solo-exhibition/
熊倉春子『美術手帖』995号、2013年11月号、美術出版社
インタビュー、『美術手帖』994号、2013年9月号、ART NAVI、美術出版社
パブリックコレクション
愛知県美術館
福岡市美術館
ARTIST WEBSITE
VIEW PAGE