飯山由貴
Yuki IIYAMA
1988年 神奈川県生まれ
現在神奈川と東京を拠点に活動中
profile photo by Shingo KANAGAWA
WORKS EXHIBITIONS NEWS STATEMENT CV

WORKS

  • ヨコハマトリエンナーレ 2020
    2020
    展示風景
    会場:横浜美術館(神奈川)/ 撮影:大塚敬太 / 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会2020
  • オールド ロング ステイ
    2020
    シングルチャンネルビデオ、サウンド 170分
  • コンニチハ技術トシテノ美術
    2017
    展示風景
    会場:せんだいメディアテーク(宮城)
  • Wheel
    2017
    綿糸 1000 x 1000 mm
  • 戦争画の部屋
    2015-2016
    3つの発見された戦争画、シングルチャンネルビデオ, サウンド 23分32秒
    『歴史する!Doing history!』2016年 / 展示風景 / 会場:福岡市美術館(福岡)
  • 戦争画の部屋
    2015-2016
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 23分32秒
    ビデオスチル
  • 作品の前で語られた、いくつかの会話
    2016
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 16分34秒
    7種類のテキスト /『歴史する!Doing history!』2016年 / 展示風景 / 会場:福岡市美術館(福岡)
  • 作品の前で語られた、いくつかの会話
    2016
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 16分34秒
    ビデオスチル
  • 生きている百の物語
    2016
    3チャンネルビデオインスタレーション, 転写した66枚のパネル, ノート
    『瀬戸内国際芸術祭2016』2016年 / 展示風景 / 会場:宮浦ギャラリー六区(直島)/ 撮影:加藤健
  • 生きている百の物語
    2016
    3チャンネルビデオインスタレーション, 転写した66枚のパネル, ノート
    『瀬戸内国際芸術祭2016』2016年/ 展示風景 / 会場:宮浦ギャラリー六区(直島)/ 撮影:加藤健
  • 生きている百の物語
    2016

    ビデオスチル
  • 生きている百の物語
    2016

    ビデオスチル
  • 個展『APMoA Project, ARCH vol.16:飯山由貴 Temporary home, Final home』
    2015
    展示風景
    会場:愛知県美術館(愛知)/ 撮影:林育正
  • 個展『APMoA Project, ARCH vol.16:飯山由貴 Temporary home, Final home』
    2015
    展示風景
    会場:愛知県美術館(愛知)/ 撮影:林育正
  • 何が話されているのか、また何故その発話の形式と内容は、そうした形をとるのか
    2015
    シングルチャンネルビデオ、サウンド 45分47秒
  • 天国と地獄
    2015
    シングルチャンネルビデオ, サウンド 27分33秒, プリント(518 x 728 mm)
  • SOUVENIR
    2015
    ミクストメディア
  • VIVRE SA VIE / 自分の人生を生きる / My Life to Live
    2015
    ネオンサイン 150 x 1250 x 100 mm
  • 個展『あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく』
    2014
    展示風景
    会場:WAITINGROOM(東京)
  • 個展『あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく』
    2014
    展示風景
    会場:WAITINGROOM(東京)
  • 海の観音さまに会いにいく
    2014
    スライド写真
    撮影:宮澤響
  • あなたの本当の家を探しにいく
    2013
    シングルチャンネルビデオ、サウンド 33分52秒
  • hidden names
    2014
    シングルチャンネルビデオ、サウンド 46分03秒
  • ローカルヒストリー この場所の小さな歴史 / 草木を植えること、そして刈り取ること
    2014
    ウール, 紙にインクジェットプリント 1650 x 2700 mm
  • 個展『湯気 けむり 恩賜』
    2013
    展示風景
    会場:実家 JIKKA(東京)
  • 個展『湯気 けむり 恩賜』
    2013
    展示風景
    会場:実家 JIKKA(東京)
  • 個展『湯気 けむり 恩賜』
    2013
    展示風景
    会場:実家 JIKKA(東京)
  • 湯気
    2013
    シングルチャンネルビデオ 8分55秒
  • けむり
    2013
    シングルチャンネルビデオ 14分1秒
  • 無名の事故
    2010
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
  • 名画と野宿
    2011
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
  • car crash
    2012年
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
  • この不安とどうつきあっていくか
    2012
    ミクストメディアインスタレーション サイズ可変
/33

NEWS

STATEMENT

過去の記録物や人への取材を手がかりに、社会と個人の影響関係に関心を持ちながら映像やインスタレーションを制作している。社会的なスティグマが作られる過程と、その経験が語られなおすことに関心を持っている。

CV

学歴
2013

東京藝術大学大学院美術研究科油画修了

2011

女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻卒業

職歴
2016-2019

東京藝術大学大学院美術研究科油画技法材料研究 非常勤講師

個展
2020

生きている百の物語 – WAITINGROOM(東京)

2017

Words coming out of the wards – ARTHUB三樹荘(福岡)

2016

瀬戸内国際芸術祭2016・アーティスト in 六区 2016 : Vol.1 飯山由貴:生きている百物語 – 宮浦ギャラリー六区(直島)

2015

APMoA Project, ARCH vol.16:飯山由貴 Temporary home, Final home – 愛知県美術館(名古屋)

飯山由貴個展 – アートフェア東京2015・WAITINGROOMブース(東京国際フォーラム)

2014

あなたの本当の家を探しにいく / ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく – WAITINGROOM(東京)

2013

湯気 けむり 恩賜 – 実家 JIKKA(東京)

2011

installation plan – ginza gallery jyoshibi(東京)

グループ展
2020

ヨコハマトリエンナーレ2020『Afterglow - 光の破片をつかまえる』 - 横浜美術館(神奈川)

新収蔵品展(近現代美術) - 福岡市美術館 コレクション展示室 近現代美術室B(福岡)

2017

世界の集め方 – 鞆の津ミュージアム(広島)

NEWSPACE – WAITINGROOM(東京)

コンニチハ技術トシテノ美術 Nice to meet you ARTECHNIK – せんだいメディアテーク(宮城)

MOT Satellite - 往来往来 – 東京都現代美術館サテライツプロジェクト・清澄白河エリアの各所(東京)

history in art / pop up show at MKG – MAHO KUBOTA GALLERY(東京)

2016

歴史する! Doing history! – 福岡市美術館(福岡)

飯山由貴 ワークショップ+リサーチ プロジェクト「ありのままごと」– 秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT(秋田)

2015

戦争画STUDIES – 東京都美術館(東京)

躊躇 – higure 17-15 cas(東京)

Post-Narratives: 蒐集家としての芸術家 – namGallery(東京)

2014

アラフドアートアニュアル2014 – 福島市民家園(福島)

第二回28zaki 海浜博覧祭 – 旧玉ノ井旅館(福岡)

SUMMER GROUP SHOW -FROM NOW ON- – WAITINGROOM(東京)

Identity X – nca | nichido contemporary art(東京)

First Attacks! – Space Wunderkammer(東京)

2013

テント村 – art & river bank(東京)

28zaki 海浜博覧祭 – 旧玉ノ井旅館(福岡)

有志展 Pre Show Toride 2013 – 東京藝術大学取手校地(茨城)

2012

ワタラセアートプロジェクト2012 PARADE – 日光市足尾町など(栃木)

RinnePlatz – Gallery Conceal(東京)

戦車の中を想像する – 藝祭 東京藝術大学(東京)

群馬青年ビエンナーレ2012 – 群馬県立近代美術館(群馬)

地獄の品格 ゲルセミウム・エレガンス – 東京藝術大学(東京)

2011

GTS 隅田川新名所物語2011 – 隅田公園リバーサイドギャラリー(東京)

作品は、ここにあった 現代アートの考古学 - ginza gallery jyoshibi(東京)

アートアワードトーキョー丸の内2011 – 行幸地下ギャラリー(東京)

女子美スタイル・最前線2011 – BankArt Studio NYK(神奈川)

パフォーマンス、イベント
2015

「ある職業の人を探しにいく」上野周辺(東京)

「よっぱらい、誤用、アーカイブ、ゴミ」nam gallery(東京)

2014

「無声映画の新しい字幕を考えてみる」旧三福、神奈川、Space WunderKammer、東京など

2013

「スクラップブックを読みながらお茶やお酒を飲む」art & river bank(東京)

「わたしの(あなたの)本当の家を探しに行く」荻窪駅集合(東京)

「voices textile」Le Tabou(東京)

上映会
2017

第9回恵比寿映像祭地域連携プログラム『シネマティック・プリズム』AIT x TAKANAWA Unlimited 映像上映会、代官山AITルーム(東京)

出版物
『あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく』2014年9月、WAITINGROOM
『湯気 けむり 恩賜 ノート』2013年9月、自費出版
展覧会図録
『APMoA Project, ARCH 2012-2017』カタログ、2019年3月、愛知県美術館
『コンニチハ技術トシテノ美術』カタログ、2018年4月、T&M Projects
『世界の集め方』カタログ、2018年3月、鞆の津ミュージアム
『戦争画STUDIES』カタログ、2017年、戦争画STUDIES展実行委員会
『瀬戸内国際芸術祭2016』カタログ、2017年6月、瀬戸内国際芸術祭実行委員会
『歴史する!Doing history!』カタログ、2017年3月31日、福岡市美術館
『あとを追う』「MOTサテライト 2017春 往来往来」展カタログ、2017年2月11日、remo
第4回都美セレクショングループ展、カタログ、2016年、東京都美術館
『APMoA Project, ARCH vol.16 飯山由貴「Temporary home, Final home」』、ブローシャー、2015年8月、愛知県美術館
『アートフェア東京2015』カタログ、2015年3月18日、アートフェア東京実行委員会
掲載記事
大坂紘一郎「第7回 ヨコハマトリエンナーレ『Afterglow』」レビュー、『ART AGENDA』、2020年9月8日、https://www.art-agenda.com/features/346966/7th-yokohama-triennale-afterglow/
Taro Nettleton,「Yokohama Triennale 2020 ‘Afterglow’ Review: Must the Show Go On?」、『Art Review』2020年7月29日、 https://artreview.com/yokohama-triennale-2020-afterglow-review-must-the-show-go-on/
Edward M. Gomez「A Triennale In Tune With Our Pandemic-Affected Moment」、『HYPERALLERGIC』2020年8月1日、Hyperallergic Media Inc.、https://hyperallergic.com/579446/2020-yokohama-triennale-during-pandemic/
「ヨコハマトリエンナーレ2020が開幕。アートが提示するコロナ時代のその先とは」、web版美術手帖、2020年7月17日、美術出版社、https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/22348
「日本の現代アートまとめ」特集、『Casa BRUTUS』No.243、2020年6月号、p.107、マガジンハウス
小金沢智「生きるための技術のあらわれ」、『美術手帖』1064号、2018年2月号、p.172-173、美術出版社
竹口浩司、九州版日経新聞 夕刊、2017年7月7日
塚本紗織(慶應義塾大学)「精神医学と芸術 ―飯山由貴さんのイマジネーション」、医学史と社会の対話、2017年5月17日、https://igakushitosyakai.jp/article/post-141/
偽史 +journal、2016年(エッセイの掲載)
木村奈緒「UNKNOWN」、NEW ERA Ladies ZINE、2016年
「アーティストin 六区 2016 vol.1 飯山由貴『生きている百物語』」、ベネッセアートサイト直島、2016年8月19日、http://benesse-artsite.jp/story/20160819-647.html
「『読む』美術 Part 3 書物の形状や文字を愉しむ」、『月刊アートコレクターズ』No.89、2016年8月号、p.34、生活の友社
渡辺翔太郎「『香川』生きている百物語 飯山由貴 瀬戸芸2016」、『朝日新聞デジタル』、2016年4月2日、http://www.asahi.com/articles/ASJ3M6FF4J3MPLXB016.html
正路佐知子「居場所/出口のための余白」、『美術手帖』1031号、2015年12月号、p.184-185、美術出版社
APMoA Project, ARCH vol.16 飯山由貴、『美術手帖』1026号、2015年9月号、ART NAVI、p.17、美術出版社
能勢陽子「飯山由貴 Temporary home, Final home(APMoA Project, ARCH Vol.16)」、artscape、2015年9月1日、http://artscape.jp/report/curator/10114137_1634.html
西川美穂子(司会・構成)「座談会:リサーチ/アーカイブ/ナラティブ 美術は何を語るか?「言葉」と「歴史」を巡って 下道基行×ミヤギフトシ×佐々瞬×飯山由貴」、『美術手帖』1021号、2015年5月号、p.96-101、美術出版社
「アートフェアで見つけた新鋭作家!」、『美術の窓』No.380、2015年5月号、p.79、生活の友社
島田浩太朗「一人遊びと柔らかな現実」、『美術手帖』1016号、2014年12月号、p.237、美術出版社
飯山由貴個展 あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく、『美術手帖』1012号、2014年10月号、ART NAVI、p.15、美術出版社
「見たもの、感じたもの、伝えたもの 飯山由貴個展『あなたの本当の家を探しに行く/ムーミン一家になって海の観音様に会いにいく』、TOKYO HEADLINE、vol.646、2014年9月13日
松本玲子「恵比寿で飯山由貴「ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく」展」、FASHION HEADLINE、2014年9月11日、http://www.fashion-headline.com/article/2014/09/11/7660.html
yumisong「Interview with 飯山由貴」、アラフドアートアニュアル2014、2014年9月5日、http://arafudo.net/interview-with-yukiiiyama/
Aya Shomura「飯山由貴個展「あなたの本当の家を探しにいく/ムーミン一家になって海の観音さまに会いにいく」」、SHIFT、2014年8月23日、http://www.shift.jp.org/ja/blog/2014/08/yuki-iiyama-solo-exhibition/
熊倉春子『美術手帖』995号、2013年11月号、美術出版社
インタビュー、『美術手帖』994号、2013年9月号、ART NAVI、美術出版社
パブリックコレクション
愛知県美術館
福岡市美術館
ARTIST WEBSITE
VIEW PAGE